--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2018/03/20 (Tue) 20:28:55

サグラダ・ファミリア ナレーション

SF.png



サグラダ・ファミリア教会がビジターに提供している「オーディオガイド」

刷新にあたり、日本語でのナレーションを担当いたしました。



=*=*= Crocus 代表 松嶋コメント =*=*=


サグラダ・ファミリアは、私が渡西を決意する大きなキッカケとなった、

人生を方向付けたとも言える故ガウディの夢、壮大な建造物です。

あれから二十数年後、まさか自分がこの教会のガイディング・ナレーションを

担当させていただけるとは夢にも思っていませんでした。


昨年11月の長崎県議会自由民主党・県民会議の議員さんとの訪問時にも

こちらのオーディオ・ガイドを利用したばかり。

タイムリーなご縁に驚きを隠せません。


2026年の完成まで、あと8年!

それまでにこの教会を訪れる日本人の方々の理解の一助になれば・・と

いつもより更に力が入ってしまいました(笑)。

個人で訪れられ、ガイドツアーにも参加されないという方には

オーディオ・ガイドは大変おすすめです。

是非ご活用ください。


松嶋のサグラダ・ファミリア初対面記はこちらから:

https://www.crocus-spain.com/PDF/1.pdf


昨年11月訪問時の写真をいくつかご紹介:


1.JPG


唯一ガウディが完成を見た「生誕」のファサード



2.JPG


自然にインスピレーションを受けて設計された「柱の森」

無数の枝がヴォールトの重みを分散して支える設計



3.JPG


「生誕」のファサード側のステンドグラス

青がメインの冷たいトーン



4.JPG


「受難」のファサード側のステンドグラス

オレンジや赤の暖色系



5.JPG


将来、教会への入り口となる「栄光」のファサード内側には

既に完成している扉のレプリカがある



6.JPG


筋肉や肋骨をイメージして制作された「受難」のファサードの柱


7.JPG


サグラダ・ファミリアで一番劇的な「受難」のファサード



スポンサーサイト
Trackback(-) comment (0) | Narration
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。